コピー機のリースにおける審査

コピー機をオフィスに導入する場合の方法としては、メーカーや販売店を経由して購入することのほかにも、リースやレンタルのサービスを利用することも挙げられます。なかでもリースは現在さまざまな企業のなかで行われており、購入よりもかえってポピュラーなものといえるでしょう。リースの場合はリース会社が依頼者にかわって指定されたコピー機を購入し、そのコピー機を対価を支払うことによって利用することができるサービスです。期間は償却とのかねあいもあって数年程度の長期にわたりますので、実際の利用上は購入とほとんど同じとみなして機種の選定などを慎重に進めるのが適切です。

コピー機をリースするにあたっては、希望すればすぐにでも納品されるものではなく、事前に審査があることを忘れてはなりません。審査は金融機関のローンなどとは違ってそれほど厳しくはありませんが、少なくとも長期にわたる契約の相手方として適切かどうかが判断される機会ですので、利用料金の支払いが困難になるおそれがある企業などは審査を通過できない可能性はあります。その意味でいえば創業から間もないために過去に確定申告をしたり、固定的な取引先などが決まっていないスタートアップ企業であったり、法人格をもたずに事業を運営している個人事業主などは契約ができないことがあると理解することも必要です。もちろんその場合の代替手段として、コピー機をレンタルするサービスが活用できます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.