リースしたコピー機も感謝の気持ちで簡単なお手入れを

日頃からのお手入れや使い方によってオフィスで働き続けるOA機器の寿命は左右されるところがあり、リース契約で使用をするコピー機もそれに変わりはありません。数年後に迎える契約満了期間に至るまで、できるだけ良い状態で使い続けたいと考えるのは当然のことです。基本的にはリース会社で定期的にコピー機のメンテナンスをしてくれるので、オフィスに導入をしたら日々快適に使い続けることができます。けれども激しく使い続けたり一時的にフル稼働レベルで働き尽くめだと、OA機器も繊細な機械だけに疲れてしまいますし、どこかに不具合を生じるのは考えられることです。

長持ちをさせる秘訣は何かを考えたとき、印刷自体あまりしなければ初期の良い状態はそれだけ長持ちをします。使われている各部品は出力をする事で、大なり小なりダメージが加わりますので、頻繁に過剰な印刷をするとなれば寿命を全うする期間もそれだけ短期間です。ペーパーレスを意識する企業も増えた昨今、大量印刷をすることなく最低限の分だけ印刷をしなければ、ベストな状態は長続きをします。しかし印刷をするために導入をしたのですから、使わないのは非現実的なこと、そのためリース契約のコピー機であっても、オフィスで使うなら日頃から簡単なケアをしてあげることです。

用紙に黒い線が入るようになるなら、ガラス面を清潔で柔らかなタオルや布で拭くなど、意外に簡単にできることはあります。その上で定期的に、プロによるメンテナンスをする事で、契約満期まで良い状態で使い続けることが可能です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.