コピー機のレンタルは手軽に使えます

オフィスにあるコピー機の大半は、リースによるものです。リースは最新機種を比較的割安の料金で導入できる方法ということもあって、多くの企業から選ばれています。しかし、決定的なデメリットがあります。それは、契約期間中は容易に解約することができない使い勝手の悪さです。

仮に5年間のリース契約を締結した場合、基本的には5年間フルに同じ機種を利用し続けなければなりません。一方で、レンタルは非常に使い勝手が良い方法です。期間はレンタル会社によって大きく異なりますが、数日間からの貸し出しを行っているところもあります。したがって、屋外のイベント会場で何日かだけ利用したいという場合や、繁忙期や短期事業の遂行中にだけ利用するというケースなど、幅広いシーンで使えます。

もちろん、長期間の利用も可能です。それに加え、コピー機のレンタルサービスは誰でも利用できる手軽さがメリットとされます。リースと異なり、事前に審査が不要ですし、法人でなくても個人が契約を締結することも可能です。開業したばかりの個人事業主やフリーランサーが、事業用にコピー機を導入する数少ない方法の1つとも言えます。

一般的に、レンタルはリースよりも割高とされていますが、近年ではその差もほとんどなくなってきています。しかし、気を付けなければならない点もあります。レンタル会社が取り扱うコピー機は中古品であるため、故障するリスクがやや高いことが挙げられます。ですから、実績のある店舗や、コピー機本体の年式やこれまでの使用枚数、メンテナンスの状況などをしっかり事前に提示してくれる店舗を選択することが求められるでしょう。

コピー機のレンタルのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.