コピー機レンタルをお得に活用しよう

コピー機は自社で購入せずに、レンタルする企業や個人事業主が増えています。特に事業規模がそれほど大きくないのであれば、高額な購入費用を考えると借りたほうが費用対効果はよくなります。近年は月額の使用料がかなり抑えられてきたので、SOHOなどの個人事業主が導入するケースが増えてきました。コピー機をレンタルした場合、その費用は経費としての扱いになります。

節税効果を期待できるので、企業の財務状況を強化するために役立つわけです。経理スタッフの負担を軽減するなど、事務作業を簡略化するメリットも期待できます。コピー機のレンタルは事務所関連でよく利用されています。例えば工事現場や選挙事務所では必須アイテムであり、頻繁なコピーが必要になるでしょう。

たまに数枚コピーする程度ならコンビニに行くのもありですが、コンビニは混雑していたり、またコンビニまでの距離が遠かったりするなど、さまざまな不都合が発生してきます。一般的にコンビニでコピーするのは、プライベートで使用するケースが多いです。月額料金は利用期間によって異なり、長期になるほど月額単価は下がります。例えば、1か月と1年コースを比較した場合、月額料金に3倍の差が出てくるようなケースもあるのです。

ただし短期で契約し、あとから追加契約をするような状況になるのも困りますから、使用期間は明確に想定しておきましょう。想定される使用期間よりも、やや長い程度に設定しておくのが無難です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.