コピー機はレンタルを選ぶべきなのか?

コピー機の導入を考えている会社では、レンタルにするべきか、それとも購入しようかと迷うケースも多いです。コピー機導入方法には、レンタルとリース、それと購入の3種類あります。レンタルは、とにかく手軽に導入したいときに最適です。短期契約も可能ですし、故障したときでも素早く代替品を用意してくれることもあります。

初期費用をできるだけ抑えたいならリースを選ぶと良いでしょう。購入するには高額な資金が必要ですし、リースはレンタルよりも月額費用は安いです。ただ、リースは長期契約が基本ですし、利用するためには審査もあります。手軽には利用できないリースですが、費用面以外にも最新機種が使用できるなどの利点があります。

また、リースなら定期的に点検をしてもらえたりメンテナンスなども含めた契約も可能です。長期間使用する、初期費用などの資金に問題がないというケースでは購入も良いでしょう。購入することで、最新の機種も自由に選べますし、リースを利用するよりもトータル費用を抑えることが可能です。また、初期費用が少ないケースでも、中古品でも良いのなら購入の方が費用面で得するケースがあります。

しかし購入する場合、新品なら修理をしてもらうことが可能ですが、中古では修理不可となるケースもあるので注意が必要です。このように、コピー機導入を考えるときには、費用面だけでなく故障したときなども考慮した上で、それぞれの特徴をよく理解して導入方法を選ぶことが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.