コピー機レンタルの見積もり

コピー機はオフィス機器のなかでも特に使用頻度が高く、この機器がなければ業務が回らないといった場合も多いといえます。しかしコピー機をオフィスに導入するにあたっての最大のネックはその価格の高さであり、最新機種の複合機ともなれば数十万円は平気でかかってしまいますので、中小企業や個人事業主にとってはその費用を捻出するだけでもたいへんです。そこで初期費用をできるだけ安価にするための知恵として、コピー機をレンタルによって導入する手段があります。コピー機はレンタルであれば購入する場合とは違って一度に多額の現金の支払いが発生することはありませんので、金銭的な負担はきわめて軽くなります。

もちろんそうはいっても毎月どれほどの費用がかかるのかは、レンタル会社を通じて見積もりをとるなどして正確に把握しておくべきことがらです。見積もりをとる場合には相手に利用条件をもれなく伝えることが鍵となります。基本的に本体そのものの料金のほかに、枚数ごとのチャージとしての料金が実績に応じてかかる可能性がありますので、おおむね毎月必要となる枚数は予想を立てておいたほうがよいでしょう。そのほかにもコピー機を据え付ける場所が建物の何階にあるのかや、レンタル会社の倉庫から搬入場所までの距離関係なども、見積もりの金額に影響をおよぼす場合があります。

当然ですが搬入や据え付けにもスタッフの人件費や運送代がかかりますので、これらも料金に含めて請求の対象にとなってきます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.