コピー機のレンタルのメリット・デメリットについて

コピー機はオフィスに欠かせないもののひとつです。コピーを取ったり、大切なデータを印刷したりと故障されると困る重要な機器です。コピー機の導入にあたっては3つの方法があります。購入・レンタル・リースですが、どのように比較して選べばいいのでしょうか。

まず初期費用が大きいのが「購入」です。この費用をおさえたいなら「レンタル」か「リース」がおすすめです。費用面も気になるポイントですが、もうひとつ重要視しなければならないのは機能面です。業務に必要な機能がそろっているかは確認すべきで、機能がなければ業務に支障が出るので問題になります。

例えば機種によっては「無線LAN」が付属しています。ルーターでコピー機を遠隔で動かすことが出来るので便利です。場所をとるコピー機をオフィスに置かなくてもよくなり、スペースの確保にも役立ちます。レンタルとリースは一見すると似ていますが、実は明確な違いがあります。

短期間でも借りることができ、いつでも解約ができるのがレンタルのメリットです。一方、この両方が出来ないのがリースのデメリットといえます。レンタルのデメリットはトータルでかかる費用が最も高額なことです。つまり長期契約には不向きで、最新モデルのコピー機も使えません。

中古品や古い型から選ぶことが多く、機能面には不満を感じるかもしれません。紙媒体を使用しない業態や、選挙事務所など使用期間が決まっているところではおすすめです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.