広告塔としての機能を持つカレンダー印刷

多くの企業は年末年始にカレンダー印刷を行って取引のある企業などに配布するという習慣を持っています。そのため殆どの企業は自らカレンダーを購入しなくても自然に必要な数のカレンダーが集まる仕組みになっています。ここで配布されるカレンダーには様々な特徴を持つものが揃っていますが、共通する特徴としてはカレンダー印刷を行う企業の社名やサービス名などのロゴが印刷されているという点にあります。企業がカレンダー印刷を行って配布する最大の理由は宣伝効果を狙ってのことです。

カレンダーは現代社会では必須のアイテムであるためどの企業でも必要としています。その様なツールに社名を刷り込むことにより、一年間働いてくれる広告塔を作ろうというのがカレンダー印刷の大きな目的になっているのです。最もスタンダードなものは壁に設置して使う壁掛けカレンダーと呼ばれる種類のものです。サイズも大きく宣伝効果も抜群です。

そのため配布する企業としては積極的に制作することになります。しかし現実問題として壁掛けカレンダーは需要以上に製造されており、実際には使われないケースもあります。そのためより需要の多い卓上カレンダーを新しい広告塔として採用している企業もあります。卓上カレンダーはサイズが小さいのがデメリットですが、需要は壁掛けカレンダーの比ではありません。

実際に使ってもらえる可能性を考えると卓上カレンダーの方に軍配が上がることが多いのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.