コピー機リースと審査について

コピー機をメーカーに直接納入させた場合、若干の割引が摘要されることはあるにしても、やはりもともとの価格が高額なのは否めないところです。そこでさまざまな企業では初期投資をできるだけ少なくするために知恵を絞っていますが、そのひとつの答えがコピー機のリースです。この方法であればメーカーとは違って一度に多額の現金の支払いが必要とされることはなく、毎月一定の料金を支払うだけで、末永く活用することができます。使用期間中の所有権はリース会社にあるとはいっても、それは使用そのものに問題となることはなく、たとえば年度末の減価償却の手続きであったり、市町村への固定資産税の支払いなどにかかわる程度です。

しかも両者ともどちらかといえば使用者にとってめんどうな手続きが省略できる効果がありますので、かえってメリットに挙げるべきものといえるでしょう。このようなコピー機のリースは、通常であれば5年程度の長期にわたる契約となり、契約期間中には解約は原則的に認められていません。このような契約類型であるからこそ、最初の段階ではリース会社による審査が必須とされています。審査とはいっても住宅ローンのような高額な買い物をする場合とは違い、それほど厳格ではありませんが、少なくともこの審査にパスできなければ契約をすることもできません。

そのため法人格をもたない個人事業主であったり、まだ実績のないスタートアップ企業の場合には、事実上リース方式が使えないこともあります。コピー機のリースのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.