コピー機はリースが良いか購入が良いか

コピー機・複合機を一般企業が長期間にわたって導入する場合、基本的にはリースか購入による方法が用いられます。レンタルという方法もありますが、短期利用目的で採用されることが多いとされます。では、長期で利用する場合、リースと購入のどちらがお得なのかという論点に迫ります。近年では、コピー機の中古品を取り扱うサービス会社が増加しています。

だからこそ、中古品を購入するという選択肢も十分に視野に入れるべきでしょう。特に、少しでもコストダウンを狙うということであれば、この方法は有効です。また、決算対策で現金を費消したい場合においても、まとまった一括資金が必要になる購入がお勧めです。それに対し、コピー機はできるだけ新しい機種を用いて業務の効率化を図りたい場合や、月ごとの会計処理や事務処理の負担を軽くしたいという希望があればリースの方が有利になります。

リースは契約期間(3年から7年とされます)が過ぎると新しい機種に更新されるのが原則ですから、購入とは異なり、長期間同じ機種を利用することがありません。そして、リースにかかった費用は全額経費として計上されることになるので、購入のように複雑な会計ルールとも無縁です。そのうえ、所有権を取得することがないので固定資産税を支払うといった事務手続きからも解放されます。以上のように、会社の事情によってコピー機の導入プランは選択肢が異なってくることに注意が必要です。

経理担当者や導入する部署のスタッフの声を聞きながら決定することが望ましいでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.