コピー機リースの流れ

オフィスになくてはならないOA機器の一つがコピー機ですが、多くの会社ではコピー機を購入するよりも初期投資を抑えられるリース契約を行う方法が一般的になりつつあります。契約を行うメリットは、なんといっても5~6年の長期契約を結ぶことでレンタルをするよりも月額料金が安く済むことや、最新機種など必要な機能を搭載した機種を選択することが出来るといった多くのメリットがあります。ではリース契約は実際にどのように行われているのかというと、まずはリースの検討とシミュレーションが必要となり、どのくらいの年数使う予定なのか、どのような機能が搭載されている機種が必要なのか、今後オフィス移転の予定の有無や運用体制を確認した上で、リースと購入どちらがいいのかを判断するようにしましょう。何年契約するかなどシミュレーションしてみると、コスト面でどのようになるのか明確になります。

検討をした結果リースの申込みを行うことになりますが、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表と登記謄本が求められる場合があるので、事前に全て用意しておきます。申込みを行うと貸し出しを行う会社側で審査を行い、経営状態をチェックしてある程度余裕を持って運営出来ている会社であり、事業で利益を上げていればほぼ問題はありません。契約が締結したら導入段階となりますが、初期セットアップやネットワーク設定、インクや紙のサプライ、保守やメンテナンスの確認など運営の準備を開始し、コピー機の運用を開始することになります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.