コピー機をリースする際のメリットと注意点

会社の事務所などで長期間コピー機を使う場合には、リース契約を結ぶことが多くなります。リースには、初期費用がかからないというメリットがあります。さらに会社で使用するにあたっては、経費として計上できるところも便利な点といえるでしょう。購入するために融資を利用する場合と比較して、審査のハードルが低い点もメリットとして挙げられます。

審査に日数がかからない分、導入までの日数も速くなることが多いです。コピー機のリースは、新品を導入することになります。希望の製品や、最新機種などを選択することもできます。またリース契約で導入したコピー機には所有権がありませんので、減価償却や固定資産税などを計上する必要が無い点もメリットといえるでしょう。

契約が切れたタイミングで新しい機種に変更していくことで、常に最新の機種を購入よりも低予算で使うことが可能です。メンテナンス契約も同時に結ぶことになりますので、万が一トラブルが発生した場合でもリース会社が迅速に対応してくれますので安心です。デメリットとしては、途中で解約することができない点が挙げられます。さらに導入には審査が必要になりますので、通らない場合は導入できないというリスクあることも考慮する必要があるでしょう。

中古品は対象外になりますので、新品を導入することになる分コストは割高になります。コピー機を使う期間によっては、購入したほうが費用を安く抑えられる場合もあるかもしれません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.