コピー機のリースはどんなメリットがあるのか

コピー機は会社にとって必須のものですが、新品なら100万円を超える高額なものなので特に新設の会社では購入が難しく、中古では安く購入できるものの経年劣化による故障の不安があります。そのため、多くの企業は新品のコピー機をリース契約で導入しています。リース契約とは顧客が必要とするものをリース会社が代わりに購入し、月々の料金を支払うことでそれを賃借するというものです。コピー機のリースでは、常に最新機器を導入可能ですし、多額の投資をせず少ない費用で導入できるため資金を他に運用できることや、月々支払う料金は経費で処理できて、減価償却費や固定資産税などの計算も不要で事務処理の負担が少ないなどのメリットがあります。

また、保険が適用されるため、盗難や災害などによる破損があっても修理や新しい物への交換ができて安心ですし、印刷枚数に応じて料金が発生するカウンター保守契約は、メンテナンスなどの保守サービス費用も含むので、トラブルが起きやすいコピー機も安心して利用できます。このようにメリットも多い導入方法ですが、注意点もあります。まず5年などの長期契約で中途解約ができないので、不要になったからといって引き取ってもらうことはできません。また、リース料金の安さで契約したらカウンター保守料金が高かったということもあるので、安く導入したいのであれば総合的に安くてトラブルの時のサポートも充実した会社を選ぶことが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.