アフターサービスで選ぶコピー機のリース会社

コピー機のリース会社を選ぶ時には、必ずアフターサービスの内容をチェックしなければなりません。アフターサービスがつけられていないのは論外であり、ついている場合でも現実的に利用できないような内容になっていたら後々に大きな問題となります。新品でリースした機種は丈夫そうに見えますが、精密機器ですので故障することがあります。そのあたりのことを把握しつつもあえてアフターサービスを設定しない業者がおり、その都度お願いすれば有料で対応してくれることが多いようです。

安心してコピー機を使用し続けるために、アフターサービスの内容を契約時に直接確認するのも一つの方法です。きちんとした取り決めがある場合、使い方のフォローをしてくれたり故障時にかけつけてくれます。メンテナンスにも主に2種類があり、メーカーの技術社員が派遣されることが多いようです。もう一つはリース会社の専属技術社員を派遣するパターンであり、こちらの方がスピーディーに対応してくれます。

メーカーに依頼するケースでは受け付けてからメーカー側に派遣してもらうために時間がかかります。自社で技術的な面をカバーできる社員を雇用している場合、急な依頼にも臨機応変に対応してくれるので、企業にとってはこちらの方が便利です。メーカーの所属でなくてもコピー機に精通していますので、安心して任せられます。連絡を受けた時点で手の空いているスタッフがいれば、数時間の間に到着して直してくれるのがメリットです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.