酸素カプセルをリースするメリット

酸素カプセルを導入しようと思う際、真っ先に頭に浮かぶのがかかる費用についてでしょう。もちろんどのカプセルを選ぶかによって、値段は大幅に違ってきますが、いずれにしても決して安いものではありません。そこで考えたいのが、酸素カプセルを購入する代わりに、リースにした場合はどうだろうかということです。購入する変わりにリース契約を選ぶ場合、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

考えられるメリットの一つは、比較的安い値段で導入が可能になるという点です。レンタル契約にする場合と比較しても、やはりコストが低くなるため利用しやすいと言えるでしょう。しかも、カプセルの搬入費用などを会社が持ってくれるというのであれば、毎月のリース料のみで酸素カプセルが導入できるため、是非とも活用してみたいものです。加えて、酸素カプセルをリース契約にする場合、その契約期間が終了したらカプセルを買い取ることができるというメリットもあります。

基本的に言って途中での解約はできませんが、期間が終了した後であれば、今までの機種から新しい機種に変更することができるというのも大きな魅力と言えるでしょう。これらの他にも、税金面においても大きなメリットがあると言われており、これこそが最大のメリットであるとさえ考えられています。なぜなら、酸素カプセルを購入する場合には減価償却となるのに対して、リース契約にした場合は毎月の経費として計上できるからです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.